黒酢、海藻類、玉ねぎにはなぜ血液サラサラ効果があるの?

玉ねぎ

黒酢の効果

血液さらさらに効果的な食品に黒酢があります。黒酢にはアルギニンという成分が含まれているのですが、アルギニンには血管を拡張させ血液の流れを良くするという働きがあります。

体の中にアミノ酸が不足すると慢性的な疲労感の原因になってしまいますが、黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれているので動脈硬化、高血圧、高コレステロール、骨粗しょう症、胃潰瘍、肝臓障害などの生活習慣病の予防改善に効果があるのです。

また、黒酢には脂肪を燃焼させる働きもあるので肥満の予防改善・ダイエットにも効果があると言われています。

海藻類と玉ねぎの効果

わかめや昆布など海藻類も血液さらさらに効果がある食べ物とされ、海藻類に含まれているぬめり成分、アルギン酸が血圧の上昇を防ぎコレステロール値を下げてくれます。海藻類の中でも特にわかめにアルギニン酸が豊富に含まれています。

アルギニン酸は水溶性多糖類の一種でそれ単独では、体内に吸収されにくいという性質があります。体内に吸収されやすいように献立を工夫する必要があります。例として、お味噌汁や酢の物にして取ると効果があります。また、お酢は体内に他の栄養分が吸収されやすいという性質があるので、どんな料理にもお酢の献立は健康に大変効果があります。

そして、血液さらさらに効果では代表的な玉ねぎですが、たまねぎに含まれているアリシンという成分は血中の脂質を減らし血小板の凝固を防ぎ血栓をできにくくするという働きがあります。また血液さらさらに効果があるだけでなくピロリ菌やO-157菌、ブドウ球菌などに対して殺菌作用もあると言われています。

玉ねぎに含まれているケルセチンという成分は体内の脂肪吸収を抑制、脂肪を体外に排出するのを促し、がん、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があります。玉ねぎに含まれているアリシンを体内に吸収されやすく料理するには豚肉やにんにくと一緒に料理すると効果があります。豚肉やにんにくに含まれているビタミンB1がアリシンの吸収を助けます。一般的にたまねぎは煮込み料理よりも油でいためた料理のほうが栄養分が吸収されやすいです。

サブコンテンツ

血液をさらさらにするために効果的なDHA

DHAは青魚などに多く含まれている成分で、血液をさらさらにする効果があることが広く知られています。
しかし現代人の生活では1日に必要な摂取量をとることが難しいのも現状。

そこで、サプリメントを活用する人が増えているのです。