魚類や大豆製品、お茶になぜ血液サラサラ効果あるの?

和定食

お魚のEPAとDHA効果

基本的にはバランスが取れた和食中心の食事であれば血液さらさらに効果を期待することが出来ますが、血液がさらさらになる食べ物で一番に思い浮かぶのが魚類ではないでしょうか。特に青魚なのですが、例えば、いわしやアジ、秋刀魚などでも血液サラサラに効果のある食べ物として挙げられます。

これら魚には、良質の不飽和脂肪酸が含まれており、常温では固まりにくい性質があり体の中に入っても固まりにくい上、EPA(シコサペンタエン酸)・DHC(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。

EPAには体の中のコレステロール値を下げたり、血管壁にこびりつく血栓を予防する働きがあり、DHAは中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす役割があり、体中をめぐる血管内の老廃物の排出を促す善玉コレステロールを増やします。

また、一般に魚類は脳を活性化させ認知症を予防したり、肝機能や心臓病機能向上のためのタウリンさんも多く含まれていると言われています。
DHA・EPAの栄養分を効率的に取る為には、生で食べるのが一番効果的とされており、一般的にお刺身が良いと言うわれています。また、冷凍保存をしていても酸化が進んでしまいますので、できるだけ新鮮なうちに食べるのがいいでしょう。

大豆製品やお茶など飲み物の効果

大豆製品も血液サラサラになるために効果的な食べ物として知られています。血中のコレステロール値を下げ血栓ができるのを防止してくれます。なかでも納豆は、血液さらさら効果が高く、すでにできた血栓を溶かす働きがあります。

そして、血液をさらさらにする飲み物にはお茶類があります。たとえばウーロン茶、麦茶、ほうじ茶、緑茶などですが、お茶の中でも特に血液さらさらに効果があるのが「緑茶」と言われています。

緑茶に含まれているカテキンが総コレステロールを下げ動脈硬化予防に効果があるとされています。飲み物繋がりではありますが、最近では、のみやすいお酢ドリンクなどもさまざまな種類のものが販売されており、手軽に飲むことができますが、お酢は悪玉コレステロールを抑制し善玉コレステロールを増やす効果があり血液サラサラ効果にはいいそうです。

サブコンテンツ

血液をさらさらにするために効果的なDHA

DHAは青魚などに多く含まれている成分で、血液をさらさらにする効果があることが広く知られています。
しかし現代人の生活では1日に必要な摂取量をとることが難しいのも現状。

そこで、サプリメントを活用する人が増えているのです。