DHA・EPAは血流を改善し、血液をサラサラにする効果がある

DHAサプリ

DHAとEPAの血液への働き

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)はα−リノレン酸を加えた3種類の不飽和脂肪酸でオメガ3脂肪酸と言われるものに分類されます。この脂肪酸はどうしても生命維持に必要な脂肪酸であることから必須脂肪酸と言われ、それも体内での合成出来難いものであるため、外部から摂取しなければならないのです。
この他にはオメガ6脂肪酸という物があり、これには肉などに含まれるアラキドン酸などの3種類の必須脂肪酸が含まれます。

現在日本人に不足していると言われているのが、DHAなどのオメガ3脂肪酸の方です。DHA・EPAは同じように思われるかも知れませんが、その働きには違いがあります。
両方とも血流を改善するという点では同じですが、DHAは血液の細胞に働きかけ、細胞に柔軟性を持たせて流れを良くしますので、毛細血管などの流れにくい血管でもその流れを改善します。またEPAの方は血液を固まり難くして、血流を良くします。

DHA・EPAの特徴

DHA・EPAの2つの特徴を合わせることで、脳血栓や心筋梗塞、高血圧といった血液疾患に効果があると言われています。
血管に詰まる血栓を出来にくくし、また血液中の脂質濃度を下げ血液をサラサラにすることで、病気の引き金となるものを根本から改善することに期待ができるそうです。もちろん効果には個人差がありますので、効果の感じ方は人それぞれになります。

そしてDHAとEPAは、身体の細胞一つ一つに働きかけ、明日生きる力を身体にいきわたらせ活性化させる大切な役割を担う成分でもあり、血液サラサラ効果はDHAやEPAが必要不可欠であることも分かります。
ぜひ毎日食品で取ることを心掛け、それが難しい場合はサプリメントで補って健康な体作りを心掛けてください。サプリメントは各メーカーによって成分や効果に違いがありますので、購入される際にはご自分に合う商品をしっかりと選ばれてください。

サブコンテンツ

血液をさらさらにするために効果的なDHA

DHAは青魚などに多く含まれている成分で、血液をさらさらにする効果があることが広く知られています。
しかし現代人の生活では1日に必要な摂取量をとることが難しいのも現状。

そこで、サプリメントを活用する人が増えているのです。